Confort-Corps
体を快適に過ごす為の情報が満載☆
ボディケア

いつまでも上向きでハリのある胸を保つ方法

胸の垂れを防止する方法は?美バストを保つには早めの対策がカギ!

女性らしさを象徴する胸、いつまでも上向きでハリのある胸を保つにはどうしたらいいのでしょうか。
何の対策も取らずにいると、年齢を重ねるごとに胸は垂れ下がってきてしまいます。

そこで今回は、今すぐに始めたい胸の垂れ防止方法をご紹介いたします。

胸の垂れを予防するために、垂れる原因をチェック!

胸の垂れを防止するためには、まずはなぜ胸が垂れてしまうのか原因を知ることが大切です。

胸が垂れる主な原因は、次の4つが考えられています。

①クーパー靭帯の伸び

 

クーパー靭帯とは、胸の乳腺を皮膚や筋肉に繋ぎとめる結合組織です。
このクーパー靭帯が伸びたり切れたりすると垂れる原因になります。

多少の伸縮性はあるようですが、激しい運動などで簡単に伸びたり切れたりしてしまうみたいです。そして、一度伸びたり切れたりしたクーパー靭帯は、もう元に戻ることがありません。

②筋力の低下

年齢には関係なく、若い女性でも運動不足などで筋力が低下していると、胸を支える筋肉も同様に低下してしまいます。
そうなると、胸の重みに耐えられず、重力に負けて垂れてしまうのです。

寝ている女性

③不規則な生活習慣

睡眠不足や偏った食生活などが続くと、胸のハリや弾力に欠かせない栄養を補給できなかったり、ホルモンバランスが乱れたりしてしまいます。

年とともにホルモンの分泌量が減り、乱れてしまうことで胸の垂れに繋がることはもちろん考えられます。

ただし、若い女性であっても、不規則な生活習慣によるホルモンバランスの乱れがあると、胸の垂れを感じることがあるようです。

若いうちから規則正しい生活・食習慣を守るようにしましょう。

④間違った下着習慣

ブラジャーは胸を支える大切な下着です。
しかし、サイズを間違えていたり、シーンに合わせた使い方ができていないなどの小さな間違いの積み重ねによって、胸が垂れてしまうこともあります。

胸は20代前半をピークに、20代後半から少しずつ垂れていき、30代~40代になると胸の垂が目立つようになってくるようです。

「胸が垂れてる!」と後から後悔しないよう、今から防止対策を始めていきましょう。

胸の垂れを防止する方法①正しい姿勢を保つ

 

胸が垂れる原因の一つに猫背があります。

猫背のような丸まった背中になると、胸を支える大胸筋を全く使わなくなってしまうので、筋力が低下して胸を支える力がなくなってしまいます。

さらに、猫背では胸まわりの血流が滞ってしまうのでよくありません。
血流が悪くなると、胸に必要な栄養を届けることができなくなってしまうので、ハリや弾力を失って垂れ乳へと進んでしまうんですね。

猫背はうっかりすると気が付かないうちに癖になってしまいます。猫背を防止することは胸の垂れを防止することにもつながりますから、頑張って猫背を矯正しましょう。

胸の垂れを防止するために、骨盤の上に座るようなイメージで背筋を伸ばしたら、腹筋にも少し力を入れてみましょう。
それだけで胸もピンッとなり、見た目も美しくなります。

気がつくと猫背になってしまう女性は椅子にやや浅く座り、背もたれと腰の間にバッグを置いておくと、猫背になったときに当たるので再び正しい姿勢を意識させてくれますよ。

胸の垂れを防止する方法②自分に合った下着を着ける

 

下着は、胸を支え、守ってくれる大切なものです。

自分に合った下着を着けることが、身近なところから始められる垂れ防止対策になります。
下着選びが疎かになっていては、ほかの対策方法も台無しになってしまいます。今一度、下着が自分に合っているか確認してみましょう。

次のようなことがあれば、間違った下着選びをしていることになります。

・動くとすぐズレる
・ブラジャーが肌に食い込む
・ブラジャーのカップ部分が体勢によって浮くことがある

女性の身体は変化しやすいものです。
定期的にサイズを測り直すことがポイントになります。

プロの方に測ってもらう方が正確ですが、恥ずかしいようであれば「バストの一番高いところのトップバスト」と、「バストの一番低いところのアンダーバスト」を床と平行になるように測ってみてください。

メーカーごとに、サイズは同じでも微妙なフィット感の違いがあるものです。
試着をしてフィット感があることを確認してから購入するのがおすすめです。

胸の垂れを防止する方法③シーンに合わせて下着を変える


下着は1種類だけでなく、さまざまな種類がありますよね。
いろいろなシーンに合わせて、さまざまな種類の下着を付け替えることが大切です。

例えば、日中用のブラであれば、立ったり座ったり、歩いたりすることが考えられて作られています。その代わり、寝返りなどには対応していないことが多いです。

日中用のブラを着けたまま寝てしまうと、仰向けや横向きのときに加わる重力によって脇や背中の方へ胸が流れてしまいます。

ですので、胸の垂れを防止するためには、夜はナイトブラを着用し、スポーツをするのであればスポーツブラを着用するのが好ましいです。

ナイトブラであればホールド力に優れているものが多いので、日中でも着れるものが多くて便利ですね。

胸の垂れを防止する方法④合唱のポーズをする

 

胸の垂れを防止するために、胸を支える筋肉を鍛えるのであれば合唱のポーズをするのがおすすめです。

《合唱のポーズのやり方》
①背筋を伸ばして姿勢をよくし、安楽座をしたら胸の前で手を合わせます。
②肘が肩のラインまでくるように上げ、直角に曲げます。
③その位置をキープしたまま息を吐きながら、手のひらを押し合います。
④息を吸いながらリラックスさせたら再び③を行いましょう。

5回を1セットに、1日3セット行うようにするといいですよ。
ただ腕に力をいれて押し合うのではなく、胸の筋肉が使われていることを意識するようにします。

胸の垂れを防止する方法⑤腕立て伏せをする


胸を支える筋肉を鍛えるなら、腕立て伏せをするのも効果的です。

《胸の垂れ防止に効果的な腕立て伏せ》
①両腕を肩幅くらい開き、腰幅に合わせて膝をつけて四つん這いの状態になります。
②そのまま息を吐きながら肘を両側にゆっくりと曲げ、床に顎がつくくらい下げます。
③限界のところまで下げたら、今度は息を吸いながらゆっくりと肘をのばしましょう。

最初は10回を1セット、慣れてきたら2セットというように増やしていくことがおすすめです。
脚を伸ばした状態でもいいですが、運動不足で体力のない女性では、膝をつけて楽な姿勢を保ちながら継続するのが良いでしょう。

胸の垂れを防止する方法⑥ペットボトルを使ってエクササイズをする

筋トレはダンベルなどの本格的な道具を使わなくてもできます。例えば、飲み終わったペットボトルに水を入れて活用すれば、胸の垂れを防止するエクササイズに役立てることができますよ。

《ペットボトルエクササイズ》
①水を入れた500mlのペットボトルを2本用意したら、1本ずつ持ちます。
②両脚を肩幅くらいに開き、姿勢を正します。
③息を吐きながら腕を胸の前で伸ばし、肩の高さまで上げ、息を吸いながら両手が床と平行になるように広げます。
④最後に再び息を吐きながら、胸の前まで腕を戻しましょう。

10回を1セットに、慣れてきたら1日3セットほど行ってみてください。
鏡を見ながら行うことで、どの筋肉が鍛えられているのか意識しやすくなりますよ。

胸の垂れを防止する方法⑦リンパマッサージをする

マッサージはバストアップやバストダウンのときによく活用される方法ですね。
マッサージのやり方によっては、胸の垂れの防止対策として取り入れることもできるんですよ。

今回ご紹介するこちらのリンパマッサージは、下着などの締め付けによって悪くなった血液やリンパの流れをよくすることが期待できます。
血流が良くなることで栄養もきちんと届くようになると言われています。
下着の跡がくっきり残るようであれば、マッサージが効果的です。

《胸の垂れを防止するリンパマッサージのやり方》
①手のひら全体を使って、耳の下から首、肩へ軽く揉みながら流していきます。
②次に親指の腹を使って、鎖骨の下を中央から外側に向かって3か所ほどゆっくり押します。
③ピースの形を作ったら、鎖骨を挟むように置いて内側から外側へ流しましょう。
反対側も同じように行ってみてください。

バストアップマッサージと併用して行うこともおすすめですよ。
マッサージをするときは、肌への摩擦を軽減するためにボディクリームやオイルを使ってから行ってくださいね。

今回は、胸の垂れを予防する方法を幾つかご紹介させていただきました。
もちろん、ベースには十分な睡眠やバランスのとれた食生活が欠かせません。

何も意識せずに過ごしているだけでは、胸は垂れてしまう一方です。

少しでも長く、ハリのある上向きの胸を維持するには何をすればよいのか、常に意識するようにしましょう。そして、できることを少しずつコツコツ始めていきましょう。