Confort-Corps
体を快適に過ごす為の情報が満載☆
ダイエット

意外と知らない生理前に体重が増える原因

女性ならずっと美しさをキープしたいと思うのは当然ですよね。

「体型を美しく保ちたい」「理想のボディラインを手に入れたい」

そんな“ダイエット”は女性にとって永遠のテーマです。

ダイエットが上手くいっていても、突然体重増加するのはよくあることです。

その原因を探っていくと、“生理前”ということが多いんです。

生理前に体重が増えやすいというのはよく聞くので、仕方のないことだとはわかっているものの、やはりショックですよね・・・。

今回は、意外と知らない生理前に体重が増える原因について解説していきたいと思います!

同時に、それに対する対策についても触れていきたいと思いますので、お付き合いください!!

☆生理前の体重増加は誰にでも起こり得ることですが、個人差があります!

中には全く増えないという方もいるでしょう。

だいたい1~3㎏ほどの増加が多いようで、ほとんどが生理が終わると元通りになるとされていますが・・・

それを知っているがために、生理中にたくさん食べてもその分も戻る!と勘違いされがちです。

その“爆食い”した分が、脂肪として体に蓄積されてしまうので、生理中の食事こそ注意が必要なんですよ!!

なぜ体重が増えるかを理解して、生理後にすっきりした体を取り戻すための対策を考えましょう!!

①食欲の増加

生理前になると、食欲が増す方が多いのではないでしょうか?

それにはしっかりとした原因があるんですよ!

実は、“プロゲステロン(黄体ホルモン)”というホルモンの分泌量がピークになることが直接的な原因なんです。

このホルモンがたくさん分泌されると、血糖値をコントロールする“インスリン”もたくさん分泌されるんです。

すると血糖値が不安定になり、「甘いものが食べたくて仕方ない!」「まだまだ食べたい!」というように、食欲のコントロールも難しくなってしまうのです。

食欲のまま食べてしまうと、体重も戻りにくくなるので、甘いものを欲した際に食べる量を決めておきましょう!

 

②栄養や水分を溜め込む

生理前になると顔や足がむくみやすくなる・・・でも生理が終わるとスッキリするという方も多いのではないでしょうか??

先ほどお伝えした“プロゲステロン”というホルモンの分泌量が増えることで、体の水分保持量もピークに達するんです!!

それにもしっかりとした理由があって、妊娠しやすくするためには子宮の壁をふっくらさせる必要があるんです。

そのためには栄養や水分を体内に蓄えなければならないため、生理初日が特にむくみやすくなってしまうのです。

体の水分量が増えたことで体重が増えたり、むくんでいることでいつもより太って見えたりするんですね。

③腸の働きが弱まる

ここでもプロゲステロンが関係してきます!!

プロゲステロンの過剰分泌によって、腸の働きが弱くなってしまうんです。

この腸内環境の変化が厄介で、ガスが溜まりやすくなったり、便秘になったりと普段は感じない不調に悩む方が多いようです。

体の中に不要なものが常にあることで、体重増加を引き起こしてしまうんですね。

ただ、それだけではなく腸内環境の悪化で肌荒れやニキビなどの肌トラブルも引き起こしてしまうんです!!

生理前に肌が荒れるのは、ホルモンの関係だったのですね。

 

④マグネシウムの不足

今まではホルモンとの関係が深かったものの、実はマグネシウムの不足も関係しているんですよ!!

マグネシウム=インスリンの分泌を抑えるといった働きがあるので、マグネシウム不足は血糖コントロールの不安定さに繋がってしまうのです・・・。

血糖値が上下するとどうなるかは先ほどお話ししましたよね♪

なぜマグネシウムが不足するかというと、子宮の収縮を緩める際にマグネシウムをたくさん使うんですよ!

そのため、生理中は体内のマグネシウムが不足しがちなんです。

生理中の体重増加や不快な症状は、女性の妊娠をサポートするための副作用ということがわかりましたね。

大切なことだとわかっているものの、やはり不快には変わりないですよね・・・。

そんな症状とうまく付き合っていく方法を検討してみましょう!!

 

<生理前の体重増加の対策方法>

①満腹感を得られる食生活を心がける

生理前の食欲増加は誰にでも見受けられることです!

それを受け入れつつ、食べる順番や満腹感を得られる食生活を意識しましょう!!

食事の際は、野菜や豆類、海藻類などから食べることで、食物繊維が満腹感を与えてくれますよ♪

満腹感だけではなく、腸内環境の改善のサポートもしてくれるので、おすすめです。

また、不足しがちなマグネシウムも食事から摂取することで、不快症状の改善にも役立ちますよ♪

~マグネシウムを多く含む食材~

玄米・ナッツ類・大豆製品・海藻類など

②適度な運動を心がける

生理中こそ、適度な運動が効果的です!

でも、体がだるく感じたり、無性に眠くなったりといった症状があり、正直億劫ですよね。

そんな時こそ、思い切って体を動かすことでだるさを和らげることができますよ♪

身なりを整えて、外へGO!!!なんてしなくても大丈夫です。

家の中でできる、ヨガやストレッチ、体操など手軽にできることでもOKです!

生理中こそ、ラフな格好でいたいですからね(笑)

気分が良ければ、ウォーキングに出かけても良いですね♪

運動は体重増加を抑えることはもちろん、便秘解消にもつながるので、是非試してみてください♪